• ホーム
  • 身体に影響の少ない低用量ピルとコンドームの限界

身体に影響の少ない低用量ピルとコンドームの限界

日本では男女間で避妊ついて真剣に話し合うカップルはまだまだ少なく、口に出すこともはばかられるといった問題とされがちで、男性任せにしている女性も少なくありません。
その結果、コンドームを装着していたにもかかわらず妊娠をしてしまったと窮地に立たされてしまう女性が後を絶たず、産むにせよ産まないにせよ、決断を迫られ人生が大きく変わってしまったと後悔している方もいらっしゃいます。
大切な自分の身体を他人任せにするのは、大人の女性としてはとても恥ずべきことで、低用量ピルを服用する習慣をつけて妊娠を望まない間はしっかりと避妊対策を取っておくようにしましょう。
低用量ピルはコンドームの限界を超えて、ほぼ百パーセントに近い確率で避妊を成功させることが出来ます。
毎日決まった時間に一錠服用するだけで良いので、どんな生活をしている方にでも簡単に取り入れられます。
コンドームは正しく装着して、破損がなければかなり高い避妊率を誇る避妊具ですが、男性の中には射精時にのみ装着をすれば良いと考えている人もおり、また、うっかりとペニスを引き抜くときに外れてしまったり、袋に穴が開いていたり、劣化したコンドームであったりと、品質そのものに問題があった場合など、思わぬ失敗をしてしまうケースも少なくありません。
その点、低用量ピルは、ホルモン量も少ないので身体への影響も少なく、副作用の危険性もほとんどなく、安心して服用できます。
飲み忘れさえしなければ、確実に自分一人の力で避妊ができるので、生理予定日までドキドキしながら過ごす必要もありません。
生理周期もきっちりと安定するようになり、経血量が減少するなど、うれしい効能もたくさんあります。

関連記事
  • きれいな女性
    生理不順が眠気の原因になる理由 生理痛や生理不順、PMSなど、女性特有の悩みがあるという人は多く、いらいらや頭痛、腹痛に腰痛など、生... 2019年05月16日
  • 考える女性
    ピルなら基礎体温を計る必要もない 生理習慣のある健康な身体を持つ女性は、男性と性交渉を行えば、子供ができる確率はゼロではありません。 ... 2019年06月18日
  • 経口避妊薬とアフターピルの期限 経口避妊薬は低用量ピルとも呼ばれ、排卵抑制をする避妊薬として使用されます。 女性にとっては自分で自分... 2019年09月25日
  • 微笑んでいる女性
    生理痛に漢方も効果的 多くの女性は毎月の生理に苦痛を感じている人も多いでしょう。 特に生理痛がひどく、立つことすらままなら... 2019年05月01日
  • 薬を飲む女性
    ピルで胸が大きくなる? 近年では避妊目的でピルを服用する人も増えてきましたが、中には胸を大きくするために使用しているという人... 2019年04月11日
人気記事一覧