• ホーム
  • 子宮の異常にペッサリーの使用と生理不順改善

子宮の異常にペッサリーの使用と生理不順改善

子宮脱や膀胱瘤になると真っ先に影響が出てくるのが性器の下垂です。
また、子宮が飛び出す可能性もあります。
それらの症状を生じることによりひどい場合においては歩行に支障をきたしてしまう可能性もあります。
そのため、下垂を防ぐための対策をとる必要があります。
軽度の症状であれば、膣のあたりを鍛えることによって改善することができます。
これはこうした病気の原因が骨盤底筋のゆるみにあるためです。
ですので、この部分を鍛えておけば改善しやすくすることができます。
また、それとは別に生理不順などの症状にも改善する働きがありますので、できれば日ごろから鍛えておいたほうが望ましいといえるでしょう。
中度または重度の子宮脱などの場合においてはペッサリーを装着することによって子宮の位置を上に固定して元に戻すという治療法があります。
ペッサリーとはこうした子宮の異常に用いられる専用の医療器具のことです。
やり方としては腟の中にリング状のプラスチックでできた器具を挿入します。
そうすることによって、子宮と腟を持ち上げて子宮を固定するようにします。
ただ、そうした医師の説明を受けたあとかなり抵抗感を覚えるという人もいます。
ペッサリーには入れるときと抜くときを医師にまかせる連続装着方式と自己着脱方式があります。
以前は医師に任せるという方法が主流でしたが、そうした抵抗感への配慮から現在では女性が自分で行う自己着脱方式も取り入れられています。
使い勝手については人それぞれです。
着けてみないことには分からない面があります。
ただ、サイズを合わせるにあたっては手間を必要とすることを覚えておきます。
また、ペッサリーを着けるときに適さない人もいますので薬の服用歴についてはきちんと医師に報告するようにしましょう。

関連記事