ピルで胸が大きくなる?

薬を飲む女性

近年では避妊目的でピルを服用する人も増えてきましたが、中には胸を大きくするために使用しているという人もいます。
もちろんこれは本来の用途ではなく、効果のほどや安全性においては不安な点も残りますが、実際に長期間に渡ってピルを服用している人の中にバストサイズがアップしたという人も多いのです。
ピルにはもともと女性ホルモンは含まれており、体内のホルモンバランスを調節して生理周期や排卵を遅らせ、妊娠しないようにする効果があります。
ピルは避妊の他、生理痛の軽減や生理周期の正常化、月経日の調節など様々な効果を得ることができます。
排卵を抑制する効果のあるホルモンであるエストロゲンを体内に補給することになるのですが、エストロゲンはもともと妊娠すると体内で多く分泌されるホルモンです。
このため、身体は妊娠したと勘違いして、胸の脂肪細胞を急激に成長させて赤ちゃんに母乳をたっぷりと与えられるよう準備しようとします。
このためピルを飲み続けると胸が大きくなるという副効果が現れることがあり、本来の目的とは異なるものの、バストアップを目指して服用する人も多くなっているのです。
ピルを長期にわたって服用する場合、やはり体に作用するものなので安全性や添加物が気になります。
ホルモンなど様々な物質を配合した薬なので完全無添加とは言えませんが、近年の低用量ピルは安全性も非常に高く、副作用の心配もほとんどないと言われています。
それでも長期的に飲み続ける場合は乳癌のリスクが増えるというデータもあるので、定期的に医師の診察を受けてチェックを行っていくことが大切です。
もし服用中に体の不調などを感じたら、すぐに使用を中止して担当医に相談するようにしましょう。

関連記事
人気記事一覧