お知らせ
多色な錠剤

低用量ピルは婦人科や産婦人科で処方される錠剤タイプの医薬品で、ドラッグストアなどで販売される市販品ではありません。
医療機関で購入したい旨を伝えると処方してもらうことが可能で、避妊目的の場合は自費になりますが、子宮内膜症の治療には健康保険が適用される薬です。
商品によって多少異なりますが、毎日決まった時間に1錠ずつ服用するタイプの女性ホルモンが主成分の薬で、規則正しく服用することによって排卵が抑制され、避妊効果が得られたり、排卵痛や月経痛、pmsなどが予防できるのが特徴です。
ピルを1シート飲み終えると薬を休む期間があり、その間に出血があります。
生理のような出血ですが、それほど重いものではないため月経痛がひどい月経困難症の方の対処法として低用量ピルの服用を勧められるケースも目立ちます。
低用量ピルは正しく飲むことによって避妊の成功率は100%に近くなりますが、それ以外の目的で服用している方も増加しています。
女性は排卵することによって様々な症状がでるため、排卵痛やpmsといった生理前の不快な症状を排卵自体を抑える低用量ピルの服用によって抑える目的で服用することにメリットがあります。
一般的に婦人科で処方されている医薬品であるものの、ピルは通販で買うことも出来ます。
代表的な薬である低用量ピルのトリキュラーを通販で買う女性も多く増えてきています。
海外ではドラッグストアで販売されている国も多く、価格も日本よりずっと安いという特徴があります。
日本では1シート3000円位しますが、海外の場合は半額以下で買うことができるため、個人輸入の通販のほうがコストパフォーマンスが良くなり、日本で認可がおりている低用量ピルと同等の品を買うことができるということと、日本で買うことのできないタイプも買えるというメリットがあります。

生理不順になってしまう要因は?

低用量ピルは避妊以外にも生理不順を改善できるという効果もあります。
生理不順とは、通常と比べて生理が来るタイミングが早すぎたり遅すぎたり、前回来た時と比べて日にちがずれすぎている、普通の期間内(大抵は一週間以内)で終わらないなどの現象が起こった場合の症状のことです。
生理不順になる要因は複数あります。
一番多いとされているのが自分をとりまく環境によるストレスや仕事などの疲労から来る女性ホルモンバランスの乱れが原因です。
女性ホルモンのバランスは非常に乱れやすく、身体全体がデリケートになっている生理中は言うまでもなく、生理が終わった直後でかなり安定している時期と思っている時でも生理不順になりやすい要因のどれかによりまた出血が起こる位です。
女性ホルモンバランスの乱れは上述の通り大抵は疲労やストレスですが、細かく分類するとなりやすい原因が分かります。
ダイエットそのものはストレスが溜まりやすい上に、栄養が足りなくなるので生理に異常をきたします。
過度のスポーツもホルモンバランスの乱れを起こしやすい要因の一つです。
ハードな運動にストレスを感じなくて楽しいと思っていたとしても、危険を感じた身体は生殖機能を止めてしまい、結果として女性機能を停止させるので本来は問題がないはずの生理機能に悪影響を及ぼしてしまうのです。
仕事が忙しい、人間関係がうまくいかないなどのストレス以外にも普段の生活習慣の乱れにより生理不順が起こります。
ストレスでお酒や煙草などに走る方がいますが、ただでさえストレスが溜まっている上に身体に悪影響を及ぼす行為をする事でより身体にダメージを与えてしまうのです。
何にせよ、自分が生理不順だと感じたらすぐに専門クリニックに診てもらったり、ピルを服用してみると良いでしょう。

ピルは生理痛にも効果的

毎月やって来る生理は多くの女性の悩みでそれに伴う生理痛のせいで仕事や勉強に集中できなかったり、あまりにも辛くて倒れてしまう人もいるほどです。
痛みの度合いは個人差があり、生理の開始前や最初の数日間は特に下腹部に不快感があってむくみや膨張、ズキズキするような痛みが気になります。
放置していても問題ない程度なら何もしないで過ごせますが、痛みがあまりにもひどくなるとめまいや脳貧血を起こして目の前が真っ暗になってしまい、外出先で倒れてしまうと特に危険です。
生理痛を和らげるためにはおなかにカイロを当てて温めたり、腹巻やガードルなどを使って保温したり、女性の悩みに効くツボを押してみるなどの方法があります。
おなかをゆっくりとマッサージしたり温かい飲み物で内側から調子を整えることもできますが、痛みが激しい場合は効果が感じられません。
生理痛で発生する激痛を緩和するためには低用量ピルを飲むのが一番手っ取り早くて有効でしょう。
ネットでも買える低用量ピルは生理痛にも効果があるので、決められた量を服用すればすぐに痛みが治まってきます。
特に大事な予定や外出のときは、外で倒れたりしないようにあらかじめピルを用意しておけばそのような心配もなくなることでしょう。
ただピルには副作用も少なからず存在するので、あまり強い副作用を感じた場合は服用をやめて医師に相談するようにしましょう。
またネットで購入する際は個人輸入代行を利用することになるかと思いますが、個人輸入代行で購入した場合はすべて自己責任となってしまうことを覚えておきましょう。

記事一覧

経口避妊薬は低用量ピルとも呼ばれ、排卵抑制をする避妊薬として使用されます。 女性にとっては自分で自分...

避妊したい人に知られている避妊法にピルの服用とオギノ式があります。 ピルは女性が毎日服用することで女...

日本では男女間で避妊ついて真剣に話し合うカップルはまだまだ少なく、口に出すこともはばかられるといった...

考える女性

生理習慣のある健康な身体を持つ女性は、男性と性交渉を行えば、子供ができる確率はゼロではありません。 ...

きれいな女性

生理痛や生理不順、PMSなど、女性特有の悩みがあるという人は多く、いらいらや頭痛、腹痛に腰痛など、生...

微笑んでいる女性

多くの女性は毎月の生理に苦痛を感じている人も多いでしょう。 特に生理痛がひどく、立つことすらままなら...

薬を飲む女性

近年では避妊目的でピルを服用する人も増えてきましたが、中には胸を大きくするために使用しているという人...